読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【SMシーズン2 使用構築】攻撃的積みサイクル 〜すべてをなぎはらえ〜【最高・最終2139 (42位)】

お久しぶりです、シンヤです。シーズン2お疲れ様でした。

 

【結果】

TN みぃ♪ 最高・最終2139  42位

TN Leafa♪ 最高2098 最終1900か1800ちょい

 

【使用構築】

f:id:shinya3611:20170322015309p:image

 

【コンセプト】

エアームドステルスロックを撒き、後続の積みポケモンを通す。

 

【個別詳細】

 

f:id:shinya3611:20170322051111p:image

性格:いじっぱり

特性:いかく→スカイスキン

持ち物:ボーマンダナイト 

実数値(努力値):199(228)-183(12)-151(4)-×-114(28)-170(236)

技構成:すてみタックル じしん りゅうのまい はねやすめ

 

B:-1意地リザードンXの「げきりん」耐え

D:臆病リザードンYの「めざめるパワーこおり」耐え

S:最速ガブリアス抜き

 

構築唯一のメガ枠。主にメガガルーラ入りやメガルカリオ入りに対して選出していた。抜き性能はスキン補正の低下により多少劣ったものの、元のスペックが非常に高いため選出して腐る場面は殆どなかった。

技構成は耐久に多く割いてるため火力重視の「すてみタックル」とカプ・コケコやギルガルドジバコイル等の鋼タイプの打点として「じしん」を採用。残り2枠は抜き性能を高められる「りゅうのまい」とHP管理するのに重宝する「はねやすめ」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170322051119p:image

性格:おくびょう

特性:むしのしらせ

持ち物:ムシZ

実数値(努力値):161(4)-×-89(28)-183(220)-126(4)-167(252)

技構成:かえんほうしゃ むしのさざめき みがわり ちょうのまい

 

B:陽気ガブリアスの「げきりん」耐え

 

メガボーマンダの苦手とするテッカグヤや終盤に増えていたメガゲンガーにも強い駒。最速にすることでスカーフ持ちの臆病カプ・テテフにも不利をとらないため、この選択は正解だった。耐久調整を施しているが活きた場面があまりなかったので普通にCSで良かった。

性能自体は申し分ないが「ステルスロック」やミミッキュの存在により多少動きづらいと感じる部分があった。

技構成はメインウエポンとなる「かえんほうしゃ」「むしのさざめき」は確定。「かえんほうしゃ」の枠は「ほのおのまい」でも良かったかもしれない。残りは状態異常技を防いだり、特性「むしのしらせ」を確実に発動させるための「みがわり」と抜き性能を高められる「ちょうのまい」を採用。

「みがわり」があることでスカーフガブリアスの後出しも対応出来るので非常に強力だった。

 

 

f:id:shinya3611:20170322051128j:image

性格:ようき

特性:がんじょう

持ち物:レッドカード

実数値(努力値):169(228)-103(24)-161(4)-×-91(4)-134(252)

技構成:ブレイブバード ちょうはつ ステルスロック ほえる

 

A:「ブレイブバード」で無振りバシャーモ確1

 

起点作成要因。「ステルスロック」を撒き余裕があれば「ブレイブバード」で削りを入れたり「ほえる」で場を荒らしたり手持ちを確認してゲームメイクするのが主な役割。「ちょうはつ」 はカバルドンナットレイなど補助技を絡めてくるポケモンに対する遂行技。

 

 

f:id:shinya3611:20170322051138g:image

性格:ようき

特性:ばけのかわ

持ち物:こうかくレンズ

実数値(努力値):131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)

技構成:じゃれつく かげうち のろい おにび

 

起点作成要因その2。ステルスロックが、そこまで必要としないPT等に出していく。「おにび」を多用するため持ち物は命中不安を補える「こうかくレンズ」とした。

最速の理由は多くの相手に上から補助技を撃ちたいため。

技構成はメインウエポンの「じゃれつく」と先制技として重宝する「かげうち」、メガガルーラメガメタグロス等を機能停止させられる「おにび」と、削りを入れられ且つ後続の起点がしやすくなる「のろい」を採用。

  

 

f:id:shinya3611:20170322051147g:image

性格:ようき

特性:ビーストブースト

持ち物:アクZ

実数値(努力値):149(116)-211(76)-152-(4)-×-63(108)-170(204)

技構成:リーフブレード つじぎり せいなるつるぎ つるぎのまい

 

A:+2「アクZ」でクレセリア確1

      +1「せいなるつるぎ」で無振りメガガルーラ確1

D:クレセリアの「れいとうビーム」2発+「ゴツゴツメット」耐え

      控えめカプ・テテフのフィールド補正込み「サイコキネシス」耐え

S:最速ガブリアス抜き

 

主にリザードン+カバルドン系統やガルーラ+クレセリアのような構築によく選出していた。

アクZを持たせることでクレセリアは勿論、リザードンや霊獣ボルトロス等も「ステルスロック」を絡めることで処理することが可能となる。

このポケモンの強いところは「つるぎのまい」を積まなくても特性の「ビーストブースト」により1体倒せばA↑するため攻撃しながら能動的に能力を上げられる点が使っていて強いなと感じた。

技構成はカプ・レヒレカバルドンへの打点となる「リーフブレード」と、クレセリアリザードンX・Y、霊獣ボルトロスギルガルド等の遂行技として「つじぎり」、メガガルーラや鋼タイプの打点(ヒードランナットレイなど)となる「せいなるつるぎ」、抜き性能を高められ且つクレセリアナットレイ対面で舞うことで縛ることが可能となる「つるぎのまい」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170322053933g:image

性格:いじっぱり

特性:くいしんぼう

持ち物:フィラのみ

実数値(努力値):254(148)-145(12)-117(252)-×-142(92)-51(4)

技構成:おんがえし ほのおのパンチ のろい リサイクル

 

こちらの調整を拝借した→http://p-q-poke.hatenablog.com/entry/2017/01/06/130647

 

この構築の軸となるポケモン。8割以上選出してた気がする。詰み性能が非常に高く対策してない構築には、このポケモンだけで3タテすることも数多くあった。搦め手に弱いため扱うときは慎重に立ち回ることを心がけた。

終盤辺りは対策が進んできて「どくどく」や「はたきおとす」等を所持しているポケモンも多々あり動きづらかったのが若干辛かった。

技構成はメインウエポンとなる「おんがえし」、テッカグヤナットレイハッサム等の打点となる「ほのおのパンチ」、詰み性能を高められる「のろい」、きのみを使い回せる「リサイクル」で確定。

 

 

【基本選出】

エアームドorミミッキュ+カビゴン+@1

 7割くらいは、この選出。@1は構築によって柔軟に対応していく。

 

【最後に】

SM初の2100で嬉しさもあるが自信のあった構築であっただけに2200行けなかったのは、まだまだ力不足だなと実感しました。シーズン3こそ頑張って2200達成したいです。

 

【Special Thanks】

・さいくさん   構築相談等を親身になって相談してくださって本当感謝しかないです。ありがとうございました!

・その他通話でお世話になった方々

・シーズン2の対戦で当たった方々

 f:id:shinya3611:20170322230507j:image