【SMシーズン3 使用構築】カバリザ 【最高2127 最終2013】

お久しぶりです、シンヤです。シーズン3お疲れ様でした。

序盤〜中盤まではメガボーマンダ軸で潜っていたんですが思うように結果が奮わず思い悩んでいたため、S2で結果を残したカバリザを自分でも使ってみたいと思い、構築を組みました。

 

 f:id:shinya3611:20170517200300p:image

 

*使用TN Leafa♪ (最高2127 最終2013)

 

(追記)

QR貼ったので、もし良ければ使ってみてください。

3ds.pokemon-gl.com

 

【個別詳細】     

 

f:id:shinya3611:20170517212325g:image

リザードン@リザードンナイトY

性格:ひかえめ

特性:もうか→ひでり

実数値:173(156)-x-115(132)-211(100)-136(4)-135(116)

技構成:オーバーヒート ニトロチャージ ソーラービーム めざめるパワーこおり

 

 B:ミミッキュの「Zシャドークロー」+「かげうち」確定耐え

陽気ガブリアスの「がんせきふうじ」確定耐え

S:1↑で130族抜き抜き

 

主軸となるメガ枠。耐久に振ることで対面性能が飛躍的に向上し安定感が増した。

技構成は最大火力で負担をかけられる「オーバーヒート」、抜き性能を高められる「ニトロチャージ」、ガブリアスメガボーマンダへの打点となる「めざめるパワーこおり」、カバルドンが苦手とするカプ・レヒレアシレーヌ等、水タイプの遂行技となる「ソーラービーム」を採用した。

使っていて強いポケモンではあったが「ステルスロック」の負担が非常に辛く、撒かれてしまうとサイクル負けしやすいため「ステルスロック」を絡めてくる構築に切り返すのが困難なところが、このポケモンの難しいところだと感じた。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211054j:image

カバルドン@ゴツゴツメット

性格:わんぱく

特性:すなおこし

実数値:215(252)-132-187(252)-×-92-68(4)

技構成:じしん こおりのキバ あくび なまける

 

物理受け枠。強いポケモンだがS3はメタが激しく比較的有利なポケモンでも奇襲をかけられる場面が多く感じた。(剣舞Zランドロスなど)

技構成は「みがわり」を搭載した竜舞メガボーマンダを強く意識した構成にしている。

 

 

f:id:shinya3611:20170517212247g:image

ゲッコウガ@こだわりスカーフ

性格:やんちゃ

特性:へんげんじざい

実数値:147-161(252)-87-124(4)-81-174(252)

技構成:れいとうビーム ダストシュート いわなだれ とんぼがえり

 

スカーフ枠。 1舞したウルガモスリザードン、スカーフガブリアス、カプ・コケコ等を意識して「こだわりスカーフ」で採用した。想像以上に使いやすいポケモンであると感じた。

カプ・コケコ対面は相手もスカーフ持ちであると返り討ちにされるが、シュカのみやデンキZ等が多数を占めていると感じ、全て突っ張るようにしていた。

技構成はランドロスガブリアスメガボーマンダへの打点となる「れいとうビーム」、カプ・テテフカプ・レヒレ等のフェアリータイプの打点となる「ダストシュート」、ウルガモスリザードン等に刺さり、スカーフとも相性の良い「いわなだれ」、有利対面で対面操作が出来て且つ、ミミッキュの「ばけのかわ」を剥がしつつ後続に繋げることが可能な「とんぼがえり」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211116p:image

霊獣ボルトロス@カクトウZ

性格:おくびょう

特性:ちくでん

実数値:155(4)-×-90-197(252)-100-168(252)

技構成:10万ボルト めざめるパワーこおり きあいだま わるだくみ

 

受けループやサイクル構築の崩しとなる駒として採用した。持ち物は「きあいだま」の命中率を補えて火力補強も出来る「カクトウZ」としている。選出率こそ低いが、受け回しの構築に対して幅広く活躍してくれた。

技構成はメインウエポンとなる「10万ボルト」、対グライオンメガボーマンダガブリアス等の打点となる「めざめるパワーこおり」、ラッキーやバンギラス等に刺さる「きあいだま」、有利対面で積み技として使用出来る「わるだくみ」を採用した。

「めざめるパワーこおり」は「サイコキネシス」と入れ替えながら使用していたが、グライオンが増加傾向にあったため最終的にはこの構成で正解だったと思う。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211128j:image

メガガルーラ@ガルーラナイト

性格:いじっぱり

特性:きもったま→おやこあい

実数値:181(4)-194(252)-121(4)-×-122(12)-150(236)

技構成:ねこだまし すてみタックル じしん れいとうパンチ

 

メガリザードンYが苦手とするヒードラン等に強く出れるメガ枠として採用。性格は素早さより火力を優先したかったため「いじっぱり」とし、ポリゴン2と対面するケースを想定してB<Dとしている。

技構成はメインウエポンで且つ縛れる範囲を最大限増やすことの出来る「ねこだまし」と「すてみタックル」、対ヒードランギルガルドの打点を重視した「じしん」とガブリアスメガボーマンダ等を切り返せる「れいとうパンチ」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211943g:image

ギルガルド@ゴーストZ

性格:ひかえめ

特性:バトルスイッチ

実数値:161(204)-63-171(4)-105(204)-172(12)-91(84)

技構成:シャドーボール かげうち どくどく キングシールド

 

メガリザードンYメガガルーラとの相性も良好で優秀な鋼枠として採用した。持ち物は「たべのこし」と迷ったが、霊獣ボルトロスを選出しない場合のテッカグヤや後続への圧力を考慮し「ゴーストZ」を採用した。

性格を「ひかえめ」にして通常よりSに多く振り切っている。ここまで振ることでミラーで負けることはほぼ無く、アシレーヌや遅いテッカグヤ等に先制でZを撃てる点は非常に優秀だと感じたので個人的にはこの配分で良かったと思っている。

ギルガルドの「ゴーストZ」は型として広く認知されているので、ノーマルタイプ等で透かしていく動きも少なくなかったため、読める場面は積極的に「どくどく」を打っていくように立ち回っていた。

技構成は「ゴーストZ」を最大限活かせる「シャドーボール」、先制技として〆で使える「かげうち」、ポリゴン2メガガルーラ等の遂行技でありメガガルーラの「ねこだまし」との相性も良好な「どくどく」、どくダメージを稼げて、物理攻撃相手に攻撃させるかの択を作れる「キングシールド」を採用した。

 

 

【基本選出】

ゲッコウガメガリザードンYカバルドン

 

これが基本選出。スカーフゲッコウガで場を荒らして、メガリザードンYカバルドンで詰めていく動きを理想としている。

 

【対面選出】

ゲッコウガメガガルーラorメガリザードンYギルガルド

 

カバルドンを選出しない場合のパターン。カプ・テテフカプ・レヒレ等がいる場合はこの選出が多かった。

 

【受けループ】

ギルガルドメガガルーラ+霊獣ボルトロス

 

メガゲンガーが入っている受けループには先に展開されると後手に回るので、メガゲンガーに有利をとれるギルガルドから展開していく。状況判断してギルガルドの霊獣ボルトロスどちらのZを使って場を崩していくかを考える。

 

f:id:shinya3611:20170522191305j:image

(2100乗ったときの画像です。もう少し上げてから撮ろうと思っていたので、この画像しかないです。。申し訳ないです)

 

 

【最後に】

 迷走してしまったシーズンでしたが前期に続いて2100を到達出来たことは素直に嬉しく思います。ただ2200目指す際に溶かしてしまってレートを維持出来なかったのは実力不足であり今後の課題になるかなと思います。

シーズン4はメガストーンが幾つか解禁されるみたいなので環境がどう動いていくか非常に楽しみですね。お互い頑張っていきましょう!

(何か質問等がありましたらブログにコメント頂ければ対応致しますので遠慮なくどうぞ)