【season14 使用構築】妖精カバマンダ【最終2175-5位】

f:id:shinya3611:20190404131515p:imagef:id:shinya3611:20190404131522p:imagef:id:shinya3611:20190404131546p:imagef:id:shinya3611:20190404131607p:imagef:id:shinya3611:20190404131623p:imagef:id:shinya3611:20190404131643p:image


使用TN:Rina

◇成績:最終レート2175  -  5位

◇戦績:80勝 18敗

 

非常に強力な並びである「カバルドンボーマンダ」を軸として使用しました。

カバマンダを使うに辺って厄介な存在であるゲッコウガに対して、特定の型を除けばある程度耐性が見込めるカプ・レヒレに着目し、残り3枚を環境を読みつつ補完として組み込みました。

 

 

f:id:shinya3611:20190403091943p:imageカバルドン@混乱実

性格:慎重

実数値:212(228)-132-146(60)-×-132(220)-67

技構成:地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし

 

◇ c 211メガリザードンYのオーバーヒートを確定耐え (c特化は乱数50%)

◇ a 216メガボーマンダの+1捨て身タックルを最高乱数切り耐え

◇ a 156ミミッキュの+2ゴーストZシャドークローで木の実確定で発動

◎HP4n (呪い3回で木の実発動)

 

電気の一貫切りと砂の定数ダメ、ステルスロック+欠伸によるサポートに徹する本構築の要。

性格はオバヒ持ちのメガリザードンYを確実に食い止める為に慎重で採用しました。リザY側はオバヒ持ちなら大抵1発目で撃ってくるので上手く機能してくれました。

特殊方面に厚くした弊害としてメガメタグロスミミッキュ等の物理アタッカーへの対応が難しくなりましたが、後投げが少々しづらくなったくらいで対面なら十分太刀打ち出来るのでそれほど支障はなかったです。

 

 

f:id:shinya3611:20190403091954p:imageボーマンダ@メガストーン

性格:意地っ張り

実数値:170-216(252)-150-×-111(4)-172(252)

技構成:捨て身タックル/地震/竜の舞/羽休め

 

◇特化

◆ 捨て身タックル2発で h215b187カバルドンをステロ込みで乱数75%

◎メガ前 B<D

◎準速

 

甘えた受け出しを許さないA特化メガボーマンダリザードンや増加傾向にあったガブリアスに対して上から動けるようにSも準速にしました。

パワーで押し切る動きがとても強力で、後述するカプ・レヒレギルガルドと組み合わせることでマンダの強みをより引き出すことが出来ました。崩し枠として数々の勝利に貢献してくた最強ポケモンでした。

 

 

f:id:shinya3611:20190403092035p:imageウルガモス@混乱実

性格:控えめ

実数値:183(180)-×-104(148)-176(36)-126(4)-138(140)

技構成:炎の舞/ギガドレイン/めざめるパワー氷/蝶の舞

 

◇ a 156ミミッキュのゴーストZシャドークロー+影打ちを最高乱数切り耐え

◇ c 179アーゴヨンのドラゴンZ流星群を最高乱数切り耐え

◎準速カプ・レヒレ抜き.+1で135族抜き

 

マンダ軸の貴重な非メガ炎枠であり、マンダとの相性の良さを評価して採用しました。持ち物は場持ちの良さを最大限に発揮出来る混乱実にしています。技構成はc上昇で不足してる火力を引き上げられる炎の舞.カプ・レヒレを意識したギガドレイン.メガボーマンダへの打点としてめざめるパワー氷を採用しました。

カバマンダとの相性は抜群で、1舞出来れば多くの相手に打ち勝つことが出来るのが強力でした。舞ったウルガモスを止められるポケモンは限られてるので選出を読みやすくなるのも評価点。ただ、ステルスロックを強烈に誘う点や適当に扱うと何も出来ずに倒されるのでとても難易度が高いポケモンでもありました。

 

 

f:id:shinya3611:20190403092254p:imageギルガルド@ゴーストZ

性格:冷静

実数値:161(204)-70-171(4)-112(252)-172(12)-76(36)

技構成:シャドーボール/毒々/キングシールド/影打ち

 

◇特化

◇B<D

◎大体のメガクチート抜き

 

テッカグヤドヒドイデ等の高耐久への崩しを意識してゴーストZで採用しました。選出時はほぼマンダとセットで出してました。メガボーマンダと組み合わせることで唯一無二の性能を発揮出来ます。

残飯型よりサイクル性能は落ちるものの、多少重めのメガクチートもワンパン出来たり搭載率の高い叩き落とすのダメージを抑えられる点が良かったです。影打ちを搭載することで終盤の〆にも使えるのでとても便利でした。

シンプルにメガボーマンダ+Zガルドの制圧力の高さは目を見張るほど強かったです。

 

 

f:id:shinya3611:20190403092054p:imageカミツルギ@拘りスカーフ

性格:意地っ張り

実数値:143(68)-235(100)-152(4)-×-70(148)-153(188)

技構成:リーフブレード/叩き落とす/聖なる剣/八つ当たり

 

◇ c 161カプ・レヒレのミズZハイドロポンプを確定耐え

◎準速100族抜き

 

主にメガギャラドスメガバンギラス等のストッパーとしてスカーフで採用しました。周りで上手く削りを入れビーストブーストが発動する状況を作ることを意識することで、もとある抜き性能に更に歯車をかけれるのも1つの強みでした。そこそこいたメガゲンガー軸に対しても強く、優位に試合を運ぶことが出来ました。

技構成はリフと叩きは確定。残りはナットレイヒードランメガミミロップに刺さる聖なる剣、アーゴヨン+メガギャラドスの並びやメガリザードン/ウルガモス等の炎タイプに一貫する八つ当たりを採用しました。

 

 

f:id:shinya3611:20190403092112p:imageカプ・レヒレ@カプZ

性格:臆病

実数値:175(236)-×-137(12)-116(4)-151(4)-150(252)

技構成:ムーンフォース/リフレクター/自然の怒り/挑発

 

◇ c 187カプ・テテフのPF眼鏡サイコキネシス.サイコショック共に確定耐え ※耐久ベースの控えめを想定

◎最速

 

水技を切ってサポートを重視したカプZレヒレ。準速ミミッキュやメガギャラドス等に上から役割遂行出来るようにしたいので性格は臆病にしました。高い素早さから怒り挑発による強引な崩しを行い、リフレクターでウルガマンダのお膳立てをする引き立て役としてこの上ない活躍をしてくれました。

カプ・レヒレ特有のミストメイカーによって相手のフィールドを奪ったり、カバマンダで起こりやすい追加効果による弊害を最小限のリスクで抑えられるのも魅力的でした。

 

 

 

【基本選出】

カバルドンボーマンダ@1

カプ・レヒレ@2

 

 

☆りーふぁ♪ rom  最高2171 最終2154 - 23位

竜舞マンダ→最速両刀(無邪気)捨て身/流星/地震/文字

霊Zガルド→鋼Z(意地っ張り)アイヘ/影打/キンシ/剣舞

木の実ウルガ→虫Z(控えめ)炎舞/さざめき/身代/蝶舞

カプZレヒレ→木の実(図太い)波乗り/ムンフォ/瞑想/リフ

※カバとツルギは技構成.性格共に変更なし

 

 

♧雑感

シーズン14は3ヶ月の長期間だったので2200を狙えるいいチャンスだったんですが、永遠に2100後半と前半を行き来してて上げきれないのがまだ自分の足りないところですかね。久しぶりにマンダ入りで最終1ページ目を掴めたことは素直に嬉しいですが手放しでは喜べないので来期への糧として更に磨きをかけていければなと思っています。

改めてS14お疲れ様でした。質問等ありましたら遠慮なくブログの方にコメントしていただけると嬉しいです。

 

f:id:shinya3611:20190404000309j:imagef:id:shinya3611:20190404000320j:image