【USM】シーズン12使用構築 順応カバマンダ【最終2137-11位】

<使用構築>

f:id:shinya3611:20181107081501p:image 

 

f:id:shinya3611:20181107160559p:imageカバルドン@フィラのみ  ※すなおこし

わんぱく:212(228)-132-171(140)-×-110(140)-67

じしん/ステルスロック/あくび/ふきとばし

 

f:id:shinya3611:20181107160743p:imageメガボーマンダボーマンダナイト  ※いかく→スカイスキン

いじっぱり:197(212)-187(36)-151(4)-×-128(140)-155(116)

やつあたり/じしん/りゅうのまい/はねやすめ

 

f:id:shinya3611:20181107160814p:imageギルガルド@たべのこし  ※バトルスイッチ

ひかえめ:165(236)-×-171(4)-110(236)-172(12)-83(20)

シャドーボール/どくどく/みがわり/キングシールド

 

f:id:shinya3611:20181107160828p:imageカプ・コケコ@デンキZ  ※エレキメイカ

おくびょう:147(12)-×-107(12)-138(180)-102(52)-200(252)

10まんボルト/めざめるパワー氷/ボルトチェンジ/めいそう

 

f:id:shinya3611:20181107160840p:imageカミツルギ@ノーマルZ  ※ビーストブースト

ようき:143(68)-209(60)-152(4)-×-70(148)-173(228)

リーフブレード/ギガインパクト/はたきおとす/つるぎのまい

 

f:id:shinya3611:20181107161004p:imageポリゴン2しんかのきせき  ※アナライズ

なまいき:191(244)-100-132(172)-125-139(92)-72

やつあたり/れいとうビーム/イカサマ/じこさいせい

 

 

<コンセプト>

・サイクル(f:id:shinya3611:20181108033753p:imagef:id:shinya3611:20181108033810p:imageorf:id:shinya3611:20181108033832p:imagef:id:shinya3611:20181108033810p:image)で相手を疲弊させ隙を見て積みエース(f:id:shinya3611:20181108033906p:imagef:id:shinya3611:20181108034638p:imagef:id:shinya3611:20181108034650p:image)で制圧する

・ 数的優位を保つ。カバルドンを簡単に切らない

 

 

<配分意図・解説>

f:id:shinya3611:20181107183741p:imageカバルドン

・HP:4n (呪いダメ3回で木の実発動)

・A143ミミッキュの+2ミミッキュZ「じゃれつく」確定耐え

・C211メガリザードンYの晴れ下「だいもんじ」確定耐え

・C179アーゴヨンのドラゴンZ「りゅうせいぐん」確定耐え

 

主にミミッキュを意識して腕白での採用。各方面から挑発が飛んできたりと動きづらさを感じる場面も多かったが変わらず強い。

技構成は起点作成と回避を両立出来るこの構成で完結している。

 

 

f:id:shinya3611:20181107183749p:imageメガボーマンダ

・C126ポリゴン2のアナライズ「れいとうビーム」乱数3つ切り耐え

・「やつあたり」で131-100ミミッキュを乱数2つ切って1発

・ S:準速100族抜き抜き抜き

 

 S振りより耐久振りの方がメリットが大きいと感じているのでこの調整。

ヒードランメガクチートなどの鋼に対する打点として「じしん」

 

 

f:id:shinya3611:20181107183755p:imageギルガルド

・155-130メガメタグロスを「シャドーボール」で乱数1つ切って倒せる

・196-103ランドロス(れいじゅう)を「シャドーボール」で最低乱数2つ切って倒せる

・B<D調整

・S:ポリゴン2テッカグヤを意識

 

受けではなく崩しの役割を持たせているため、最大限負荷をかけていけるC振り「みがわり」型。

 

 

f:id:shinya3611:20181107183805p:imageカプ・コケコ

・155-131メガメタグロスをデンキZ「10まんボルト」で確定

・A116グライオンの「じしん」確定耐え

 

水タイプを牽制出来る電気枠として採用。メガメタグロスゲッコウガに強く圧力かけれる貴重な駒でもある。DL調整を施したかったが無振りメガメタグロスを1発で飛ばせる火力と最速は捨てきれなかったので割愛。

Zを撃つタイミングの見定めが非常に重要。

 

 

f:id:shinya3611:20181107183815p:imageカミツルギ

・C161カプ・レヒレのミズZ「ハイドロポンプ」確定耐え

・ S:準速メガボーマンダ抜き

 

メガギャラドス入りや対受け回し等の重くなりがちな構築に出していく駒。

炎タイプ(メガリザードン、ウルガモスヒートロトム)に屈することなく最大火力をぶつけていけるノーマルZ持ち。

 

 

f:id:shinya3611:20181107183826p:imageポリゴン2

・A197メガボーマンダの「すてみタックル」ほぼ2耐え

・C147カプ・コケコのメガネ*EF下「10まんボルト」ほぼ2耐え

 

物理特殊、共に幅広く対応出来る両刀ポリゴン2。相手に依存せず火力を引き出せるアナライズを採用。

メガリザードンXミミッキュに隙を見せない「イカサマ」持ち。

 

<結果>

f:id:shinya3611:20181108170908j:image

 

f:id:shinya3611:20181108171534j:image

 

<最後に>

久しぶりに最終2100付近をキープして終われたのは収穫でしたが、あと1歩で1ページ目に届いていたのにレート差マッチ嫌って潜らなかったのは本当に反省ですね。今後の糧にして、後悔しないとこまで潜って良い結果で終われるように次は出来たらなと思います。

ここまで閲覧ありがとうございました。何か質問等がありましたら遠慮なくコメントして頂けると嬉しいです。

 

 

 

【USM】シーズン7使用構築 カバマンダ【最終2207-5位】

汎用性が高くスペックの高さも兼ね備えている「カバルドンボーマンダ」の並びを引き続き軸として使用しました。1つ1つの行動に重きを置いて選出段階でどう展開していくか、どのポケモンで上手く詰めていくかをしっかり考えながら立ち回ることを強く意識しました。(以下、常体)

                                                        

【使用構築】

f:id:shinya3611:20180125183704p:image

 

 

【個別紹介】

 

f:id:shinya3611:20180125201415p:imageメガボーマンダ@ボーマンダナイト

性格:いじっぱり

特性:いかく→スカイスキン

実数値:197(212)-189(+52)-151(4)-×-130(156)-151(84)

技構成:やつあたり みがわり はねやすめ りゅうのまい

 

◇C200カプ・テテフの「ムーンフォース」最高乱数以外耐え

◇C126ポリゴン2のアナライズ「れいとうビーム」乱数2つ切って耐え (瀕死率12.5%)

◆「八つ当たり」で131-100ミミッキュが最低乱数以外一発

◆+1「八つ当たり」でHB特化のポリゴン2ステルスロック込み確定2発 

◎準速サザンドラ抜き

◎+1で最速フェローチェ抜き

 

 

f:id:shinya3611:20180125201426p:imageカバルドン@マゴのみ

性格:しんちょう

特性:すなおこし

実数値:212(228)-132-146(60)-×-132(+220)-67

技構成:じしん ステルスロック あくび ふきとばし

 

◇A200+1メガリザードンXの「フレアドライブ」最高乱数以外耐え 

◇C211メガリザードンY晴れ「オーバーヒート」確定耐え

 

 

f:id:shinya3611:20180125201438p:imageギルガルド@たべのこし

性格:れいせい

特性:バトルスイッチ

実数値:167(252)-70-170-112(+252)-171(4)-72

技構成:シャドーボール かげうち どくどく キングシールド

 

◆「シャドーボール」+「かげうち」で無振りカプ・コケコ、アーゴヨン確定

◎HC振り切り

◎B<D ※DL意識

 

 

f:id:shinya3611:20180125201517p:imageカプ・コケコ@バンジのみ

性格:おくびょう

特性:エレキメイカー

実数値:172(212)-×-106(4)-116(4)-107(92)-192(+196)

技構成:ほうでん リフレクター どくどく はねやすめ

 

◇A143ミミッキュミミッキュZ「じゃれつく」確定耐え

◎B<D ※DL意識

◎最速ゲッコウガ抜き

 

 

f:id:shinya3611:20180125201526p:imageゲッコウガ@ミズZ

性格:おくびょう

特性:へんげんじざい

実数値:149(12)-89(12)-152(228)-92(4)-191(+252)

技構成:ハイドロカノン あくのはどう れいとうビーム みがわり

 

◇A197霊獣ランドロス地震を確定耐え

◎最速

 

 

f:id:shinya3611:20180125201611p:imageミミッキュ@ミミッキュZ

性格:いじっぱり

特性:ばけのかわ

実数値:155(196)-143(+156)-119(148)-×-126(4)-117(4)

技構成:じゃれつく かげうち のろい つるぎのまい

 

◇A233メガバシャーモの「フレアドライブ」最高乱数以外耐え

◇C147眼鏡カプ・コケコのEF「10まんボルト」乱数2つ切って耐え

◇C196+1アーゴヨンの「ヘドロウェーブ」確定耐え   ※ビーストブーストC↑想定

 

 

【個別解説】

 

f:id:shinya3611:20180125204055p:image

現環境トップクラスのメガ枠。メガ前特性の「いかく」や持ち前の数値の高さもあり、数多くのポケモンを起点に出来るスペックの高さは一級品。出来るだけ「いかく」を残しつつ立ち回ることを意識した。

技構成は「みがわり」を用いたスタンダードな構成。起点に出来る範囲が格段に広がり使いやすかった。

 

 

f:id:shinya3611:20180125204111p:image

起点作成や受けの役割を担っているポケモン。「あくび」で流しつつ「ステルスロック」や砂嵐のスリップダメージを上手く駆使しながら展開していく。半分回復実を持たせることで行動回数を大幅に増やすことが可能となるため、如何にして展開していくかが非常に鍵を握っている。メガガルーラミミッキュを意識してもう少しBに振っても良さそうだと感じたので、わんぱくも一考。

 

 

f:id:shinya3611:20180125204152p:image

メガボーマンダと相性の良い残飯ギルガルド。「どくどく」で耐久ポケモンを阻害しつつ、メガボーマンダが苦手とする取り巻きをこのポケモンで排除するのが主な役割。Dに補正をかけて耐久に厚くするのも選択肢にあったが、対面有利とったときの圧力や「シャドーボール」+「かげうち」の対面性能を重視してHCに振り切った型にしている。HP管理が重要なポケモンであるため役割をしっかり決めて扱うことが大事。

 

 

f:id:shinya3611:20180125204228p:image

カバルドンボーマンダが苦手とするゲッコウガに上を取れる駒として採用した。「どくどく」+「はねやすめ」による受けの崩しや「リフレクター」のサポートで後続に繋いでいく。「ほうでん」を採用している理由は「どくどく」が通らない鋼タイプ(テッカグヤギルガルドヒードランなど)に麻痺を狙いたいため。

 

 

f:id:shinya3611:20180125204249p:image

崩し性能が高いミズZゲッコウガ。攻撃性能が高く霊獣ボルトロスに対して上から叩けるのが魅力的。終盤まで水技3Wの「げきりゅう」ゲッコウガを使用していたが、メガボーマンダが上の方でとても多く氷技が欲しい場面がとても多かったため最終的に「へんげんじざい」にシフトして終盤に増加していたカバマンダガルドを意識した構成にした。

 

 

f:id:shinya3611:20180125204311p:image

 構築が苦手とするポケモンのストッパーとなるABミミッキュ。持ち物はメガギャラドスメガバンギラスポリゴン2を強く意識しているため役割対象に最大打点で通せるミミッキュZ。

つるぎのまい」+Zの崩し、役割を終えた後に自主退場しつつ負荷をかけられる「のろい」はとても強力であり、使っていてとても頼もしいポケモンだった。

 

 

 

【戦績】

f:id:shinya3611:20180125185957j:image

f:id:shinya3611:20180125191004j:image

 

【最後に】

久しぶりの1ページ目とマンダ入り2200めちゃくちゃ嬉しいです…!私のレート対戦においての1つの目標でもあったのでひとまずホッとしてます。ただ、この結果だけで満足せず次回も精進して頑張っていきたいです。

 

※質問等ありましたらコメントにて対応しますので遠慮なくどうぞ

 

【SMシーズン5 使用構築 その2】リザグロスタン【最高2166 最終2057】

お久しぶりです、シンヤです。S5お疲れ様でした!

メインの方はマンダ軸で潜っていたんですがサブロムは違うメガ枠を使ってみたいと思い、以前から使ってみたかったポケモンであるリザードンXとメガメタグロスを軸にして構築を組みました。

 

【使用構築】         (以下、常体)

f:id:shinya3611:20170912111131p:image

 

(追記)QR作成しました。

3ds.pokemon-gl.com

 

【個別詳細】

 

 f:id:shinya3611:20170912120338g:image

性格:意地っ張り

特性:猛火→硬い爪

持ち物:リザードナイトX

実数値:153-200(252)-132(4)-×-105-152(252)

技構成:フレアドライブ/ニトロチャージ/逆鱗/剣の舞

 

テンプレ構成の剣舞リザX。隙を見て「剣の舞」で強引に崩しにかかったり「ニトロチャージ」で抜き性能を高めていく動きが非常に強く自分のバトルスタイルにとても合っていると感じた。ただ「羽休め」がないためHP管理が難しいことや「逆鱗」で技固定されるデメリットもあるため、そこは一長一短かなとも思った。

舞羽の型と入れ替えながら使用していたが終盤で受けよりの構築が増えてきたと感じたため、最終日はずっとこの型を使用していた。目論見通り非常に良く刺さり、何度も勝ちを導いてくれたので大正解だった。

 

 

 f:id:shinya3611:20170912115505g:image

性格:腕白

特性:威嚇

持ち物:ゴツゴツメット

実数値:191(212)-166(4)-156(252)-×-101(4)-116(36)

技構成:地震/岩石封じ/蜻蛉帰り/毒々

 

リザXとメタグロス共に相性の良いゴツメ枠。カバルドンと違い、浮いている点と「威嚇」を入れつつ「蜻蛉帰り」を打てるランドロスならではの器用さが使っていて強みだと感じた。

「毒々」はメガマンダ意識で採用した。他にもポリゴン2カバルドン等の受けを阻害出来たり、とても便利な技だった。

 

 

f:id:shinya3611:20170912115515g:image 

性格:臆病

特性:エレキメイカー

持ち物:デンキZ

実数値:145-×-106(4)-147(252)-95-200(252)

技構成:10万ボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/挑発

 

一般的なデンキZコケコ。後述するメタグロスと併用することで重くなりがちなキノガッサも対応することが出来る。

「めざめるパワー氷」はランドロスを強く意識して採用。「挑発」は全く警戒されなかったので活きる場面は結構多かった。

 

 

f:id:shinya3611:20170912115526g:image

性格:陽気

特性:クリアボディ→硬い爪

持ち物:メタグロスナイト

実数値:155-197(252)-170-×-131(4)-178(252)

技構成:アイアンヘッド/バレットパンチ/雷パンチ/冷凍パンチ

 

リザXと相性の良い第2のメガ枠。鋼タイプでありながら高い攻撃性能と素早さを兼ね備えてるのが非常に魅力的である。「バレットパンチ」があることで後続の圏内にいれる動きや削れたポケモンを縛れるようになるので、とても強かった。

技構成は色々試しながら使用していたが、この構成が1番しっくりきて使いやすかった。

 

 

f:id:shinya3611:20170912120349p:image

性格:図太い

特性:プレッシャー

持ち物:残飯

実数値:205(236)-×-154(36)-110-135-135(236)

技構成:熱湯/毒々/守る/身代わり

 

嵌め性能が高いノイクン。構築が物理受けを呼びやすいので上手く機能してくれた。リザXとメタグロスどちらも相手するのが厳しいヒードランに対して強く圧力をかけられるのも高評価。

現環境でも、まだ戦えるスペックは充分にあると感じた。

 

 

f:id:shinya3611:20170912115537g:image

性格:意地っ張り

特性:化けの皮

持ち物:ゴーストZ

実数値:131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

技構成:シャドークロー/影打/じゃれつく/剣の舞

 

よくあるASミミッキュ。鋼タイプに対する打点を意識して「ゴーストZ」を採用した。

ABにするよりは上から攻撃出来るメリットの方が大きいと感じたためASに振り切っている。

対面性能が高く、選出すれば何かしら仕事をしてくれるのでシンプルに強かった。

 

【基本選出】

メガ+ランドロス+@1

 

【最後に】

最終日の夜中1時過ぎは2166まで上がれていて構築的にも自信はあったんですが、1800とマッチングして負けてしまい集中力が切れて流れも悪くなってしまう悪循環に陥ってしまい、結局100近く溶かしたところで終わりました。マッチング改善してほしいですね。。

S6がSM最後のシーズンみたいですので、お互い頑張っていきましょう!

 

※質問等ございましたらブログの方にて対応しますので気兼ねなくどうぞ!

【SMシーズン5 使用構築】カバマンダガルド【最高・最終2176 最終2位】

お久しぶりです、シンヤです。S5お疲れ様でした!

S5はレート2176で初めての1ページ目&最終2位という結果を出すことが出来て、自分としては予想以上の結果で終われたのでとても嬉しいです。

次はSMラストシーズンなので、また更に頑張っていきたいですね。

 

 【使用構築】   (以下、常体)

f:id:shinya3611:20170912110949p:image

 

【コンセプト】

・テテフを通す

・無理な行動は極力せず勝負どころは一気に仕掛ける

 

(追記)QR作りました。

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4AEC-BD7E

 

【個別詳細】

 

f:id:shinya3611:20170912115439g:image

性格:慎重

特性:威嚇→スカイスキン

持ち物:ボーマンダナイト

実数値:195(196)-165-150-×-155(244)-149(68)

技構成:恩返し/空元気(地震)/竜の舞/羽休め

 

D:控えめウルガ+1めざ氷乱数50%(臆病は確定耐え)

S:準速ミミッキュ抜き

 

いつもの相棒枠。当初はHAで使用していたが、アシレーヌウルガモス等の特殊アタッカーがキツかったので、特殊方面に厚くするためHDに変更した。これにより対面処理が容易となった。

主にギルガルドと併用して選出することで唯一無二の性能を発揮する。

技構成は「空元気」と「地震」で入れ替えながら使用していたが状態異常技に耐性がつく「空元気」の方が使用機会が多く感じたので最終的にはこの構成で落ちついた。

 

 

 f:id:shinya3611:20170912115359g:image

性格:腕白

特性:砂起こし

持ち物:ゴツゴツメット

実数値:215(252)-133-187(252)-×-93(4)-67

技構成:地震/ステルスロック/吹き飛ばし/怠ける

 

HBカバルドン。主にメガバシャやメガバンギ等の物理アタッカーに対して繰り出していく駒。電気技の一貫を切れる駒でもあるので選出率はかなり高かった。

技構成は「地震」1w構成。ラス1対面を除けば「吹き飛ばし」があるため、浮いてるポケモンに対しても起点にならないのが偉かった。

 

 

f:id:shinya3611:20170912115210g:image 

性格:控えめ

特性:バトルスイッチ

持ち物:残飯

実数値:161(204)-49-170-88(76)-171(4)-108(220)

技構成:シャドーボール/毒々/身代わり/キングシールド

 

 B<D。DL対策で努力値4余り

 

メガマンダが呼ぶポリ2やクレセ等の受けに強く出れる毒残飯ガルド。ミラー意識と自分が使い慣れてるという理由で「身代わり」を搭載した型にしている。有利対面で引き際に「毒々」を当てることが出来れば後の展開が楽になるので、状況を見て強気にいくことも心掛けた。

 

f:id:shinya3611:20170912113840g:image

性格:臆病

特性:サイコメイカー

持ち物:拘りスカーフ

実数値:145-×-95-182(252)-136(4)-161(252)

技構成:サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

 

現環境のスカーフ枠で最も信頼を置いているカプ・テテフ。性格はポリゴンZや最速でないウルガモスリザードン辺りに重きを置いてるため臆病にしている。

選出しない場合でも、このポケモンがいるだけである程度選出が読みやすくなる点も魅力の1つ。

まだまだ抜き性能は健在で、一貫を作れば無双出来るスペックを持っている為やはり侮れない。

 

f:id:shinya3611:20170912112744g:image

性格:控えめ

特性:蓄電

持ち物:デンキZ

実数値:175(164)-×-92(12)-216(252)-104(28)-128(52)

技構成:10万ボルト/めざめるパワー氷/悪巧み/高速移動

 

B:A200逆鱗 確定耐え

C:めざ氷で無振りガブ確定

D:C200Fサイキネ 確定耐え

S:+2で最速スカガブ抜き抜き

 

崩しとフィニッシャーの役割を担ってるZ枠。

選出率は1番低いが、刺さってる構築には積極的に選出していく。ステロ撒いて「高速移動」で展開出来ればeasywin出来ることも少なくなかった。

状況を見て「悪巧み」を積むか「高速移動」するかを判断する。無難に強い。

 

 

f:id:shinya3611:20170912113834g:image

性格:控えめ

特性:変幻自在

持ち物:ミズZ

実数値:147-×-87-170(252)-92(4)-174(252)

技構成:ハイドロカノン/水手裏剣/冷凍ビーム/めざめるパワー炎

 

2枚目のZ枠。カバリザやテッカグヤを意識した控えめミズZ。

対応範囲が広いアタッカーとして様々な構築に幅広く選出していた。

 

 

【基本選出】

ボーマンダカバルドンギルガルド

 

【その他】

カプ・テテフorゲッコウガボーマンダギルガルド

カプ・テテフorゲッコウガカバルドンギルガルド など

 

 

【最終戦績】

f:id:shinya3611:20170913130608j:image

f:id:shinya3611:20170913132809j:image

 

【Special Thanks】

・最終日に通話を一緒にしてくれたしのもりさん、さいくさん、シュウさん、がちゃぼんさん、のぶれんさん、カイさん

 

和やかな雰囲気で、とてもリラックス出来てレートに挑むことが出来たので本当に感謝🙏

やはり、しのもりさんは偉大だ…!

 

※質問等ございましたらブログの方にて対応しますので気兼ねなくどうぞ!

 

【SMシーズン4 使用構築】ハイブリッド カバマンダ 【最高・最終2108 43位】

お久しぶりです、シンヤです。S4お疲れ様でした。

今シーズンは中々レートが伸びず非常に苦しんだシーズンでしたが、最終的には2100を乗せて終わることが出来て嬉しく思います。

本当は2200目指して潜りたかったですが2100乗せたのが最終日の夕方辺りだったことで完全に疲れきっていたこともあり、潜るのは断念しました。来シーズンこそ2200目指して頑張りたいですね。

 

f:id:shinya3611:20170718135504j:image 

 

【使用した並び】

f:id:shinya3611:20170717232533p:image

 

今シーズン色々と構築を使ってきたなかで、メガボーマンダ+カプ・コケコの組み合わせが非常に高い攻撃性能で強力であり手応えを感じたことから、この2体をベースに構築を組んだ。

この2体をより活かすためには「ステルスロック」のサポートが必須であると考え、ゴツメ枠で且つ展開要員としても優秀なカバルドンを採用。

次にウルガモスや霊獣ボルトロス等の特殊アタッカーのストッパーにもなり、カバルドンとも非常に相性の良いウツロイド

次にこの4体で対応が難しいマンムーカプ・テテフに役割を持てるテッカグヤ

最後に受け回しの構築(グライオンポリゴン2等)とカプ・レヒレアシレーヌ等の水タイプやキノガッサが非常にキツイと感じたため補完としてジャローダを入れ、構築が完成した。サイクルと対面を両立した、それなりに仕上がりの良い構築になったと思う。

 

 

【個別詳細】

 

 f:id:shinya3611:20170718012630j:image

ボーマンダ@ボーマンダナイト

性格:いじっぱり

特性:いかく→スカイスキン

実数値:193(180)-191(68)-151(4)-×-111(4)-172(252)

技構成:おんがえし/みがわり/りゅうのまい/はねやすめ

A:無振りミミッキュを「おんがえし」で確定

 

構築唯一のメガ枠であり相棒枠。現環境のメガでは、このポケモンが1番スペックが高く汎用性の高いメガだと思っている。ただ、トップメタで且つシーズン4は以前より数も増えていたため多少動きづらさもあったが、それでも対応出来るこのポケモンはやはり目を見張るものがあった。

メガバシャーモが増えていたため選出率はそれなりに多かった。サイクルを意識しているため、努力値はHS配分。技構成は「おんがえし」1W。「みがわり」と「じしん」でかなり迷ったが「みがわり」の恩恵があまりに大きいことやメガボーマンダの1番の強みである技だと思っているので「みがわり」で採用した。選出率3位。

 

 

 f:id:shinya3611:20170718012637j:image

ウツロイド@くろいヘドロ

性格:おくびょう

特性:ビーストブースト

実数値:205(164)-×-67-159(92)-151-170(252)

技構成:パワージェム/どくどく/まもる/みがわり

H:4n+1 「ちきゅうなげ」を「みがわり」が耐える

 

霊獣ボルトロスウルガモスメガリザードンY等のストッパーとなる枠。持ち物は場持ちの良い「くろいヘドロ」。メガボーマンダが苦手とするポリゴン2入りを崩していく駒でもある。

特にメガボーマンダで相手がしづらい霊獣ボルトロスに受けだしが可能な点が非常に優秀だった。また後述するカバルドンと非常に相性が良く、砂を絡ませることで能動的に耐久を向上出来る&砂ダメージを受けない点が特有のスペックがあると感じた。ただ止まる相手も多く、選出は役割対象がいる場合やよほど通りが良い構築にしか出さなかった。

技構成は「パワージェム」1Wで、受けを崩す「どくどく」と「どくどく」と相性の良い「まもる」「みがわり」で完結している。ちなみに、どくタイプであるため「どくどく」必中なのが偉すぎる。選出率6位。

 

 

f:id:shinya3611:20170718012700j:image

テッカグヤ@たべのこし

性格:なまいき

特性:ビーストブースト

実数値:203(244)-121-142(148)-128(4)-148(108)-73(4)

技構成:ヘビーボンバー/かえんほうしゃ/やどりぎのたね/まもる

B:A161パルシェン+2「つららばり」耐え

      A156ミミッキュ+2ゴーストZ「シャドークロー」最高乱数以外耐え。

D:C200カプ・テテフのフィールド込み「サイコキネシス」確3

      C200カプ・テテフのフィールド込みエスパーZ「サイコキネシス」+「10まんボルト」を「たべのこし」込みで高乱数耐え。

 

 カプ・テテフを止める鋼枠。重いマンムーを見る枠でもある。持ち物は「やどりぎのたね」と相性の良い「たべのこし」、性格は特殊方面を対象としているため「なまいき」で採用。

こちらもカバルドンと相性が良く、砂ダメージを受けずに回復出来る点が優秀だった。

技構成はカプ・テテフミミッキュの打点となる「ヘビーボンバー」、ナットレイテッカグヤミラーを意識して「かえんほうしゃ」の2W。回復出来て且つ阻害することも可能な「やどりぎのたね」と「やどりぎのたね」と「たべのこし」とシナジーがある「まもる」の構成。選出率5位。

 

 

f:id:shinya3611:20170718012709j:image

カバルドン@ゴツゴツメット

性格:わんぱく

特性:すなおこし

実数値:215(252)-132-187(252)-×-92-68(4)

技構成:じしん/ステルスロック/ふきとばし/なまける

 

ゴツメ枠で且つ展開要員。主にメガガルーラメガクチートメガリザードンXを意識してHBに振り切っている。メガボーマンダに対してもクッションとして投げていける。

耐久面は中々のもので非常に安心感があり選出率もかなり高かった。「ステルスロック」が刺さる構築には積極的に選出していた。

技構成は「じしん」1Wで、後続を補助する「ステルスロック」、起点回避や「ステルスロック」と相性の良い「ふきとばし」、物理受けの役割を果たすためラストは「なまける」とした。選出率2位。

 

 

f:id:shinya3611:20170718012717j:image

カプ・コケコ@デンキZ

性格:おくびょう

特性:エレキメイカー

実数値:145-×-106(4)-147(252)-95-200(252)

技構成:10まんボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/くさむすび

 

メガボーマンダと相性の良い2枚目のアタッカー枠でありZ枠。8、9割くらいの割合で選出してたくらい信頼してたし本当強かった。

S130から繰り広げられる攻撃性能は言わずもがなで更に「ステルスロック」を絡めることでより性能を高めることが出来る。上から攻撃出来る強みを改めて再確認出来た。メガゲンガーと同速ゲーをするケースも少なくなく、毎回お祈りしていた。(終盤はほぼ全部同速勝てた)

持ち物はメインウエポンの最大限活かせる「デンキZ」にしている。

技構成はメインウエポンの「10まんボルト」、サイクルとシナジーがある「ボルトチェンジ」、対ミラーや一致打点となる「マジカルシャイン」、カバルドンマンムー意識の「くさむすび」としている。

「めいそう」や「みがわり」を採用しようかも考えたが、技範囲を狭めてしまうのを嫌って採用を見送った。選出率1位。

 

 

f:id:shinya3611:20170718012724j:image

ジャローダ@イアのみ

性格:おくびょう

特性:あまのじゃく

実数値:177(212)-×-116(4)-98(20)-118(20)-181(252)

技構成:リーフストーム/へびにらみ/やどりぎのたね/みがわり

H:4n+1(カプZ意識で実値176にした方が良い)

D:C147カプ・コケコのフィールド込み「10まんボルトZ」+マジカルシャインでイア確定発動。

      C200カプ・テテフのフィールド込み「サイコキネシス」でイア確定発動。

 

自慢のイアジャローダ。とあるFFの方からの案を頂き、非常に強そうだと思い採用に至った。

受け回しの構築に対して圧倒的な強さを持ち、このポケモンだけで3タテするケースもかなり多かった。構築全体で苦手とするポケモンジャローダだけでだいぶ穴埋め出来たので、この選択は大正解だった。不利なポケモンでも「へびにらみ」→「みがわり」+「やどりぎのたね」で強引に対処出来たりもした。

技構成はメインウエポンである「リーフストーム」の1W。S操作が出来る「へびにらみ」、残りは回復ソースにもなり阻害することも出来る「やどりぎのたね」と相性の良い「みがわり」の構成。選出率4位。

 

 

【基本選出】

・対面→カプ・コケコ+メガボーマンダカバルドン

・サイクル→ カバルドンウツロイドテッカグヤ

 

基本選出はこの2パターン。他のパターンは相手のメンツによって柔軟に対応していた。

 

 

【重いポケモン

ジバコイル

フェローチェ

パルシェン

 

 

f:id:shinya3611:20170718135526j:image

※何か質問や気になる点がありましたら、遠慮なくブログにコメントお願いします。

 

【SMシーズン3 使用構築】カバリザ 【最高2127 最終2013】

お久しぶりです、シンヤです。シーズン3お疲れ様でした。

序盤〜中盤まではメガボーマンダ軸で潜っていたんですが思うように結果が奮わず思い悩んでいたため、S2で結果を残したカバリザを自分でも使ってみたいと思い、構築を組みました。

 

 f:id:shinya3611:20170517200300p:image

 

*使用TN Leafa♪ (最高2127 最終2013)

 

(追記)

QR貼ったので、もし良ければ使ってみてください。

3ds.pokemon-gl.com

 

【個別詳細】     

 

f:id:shinya3611:20170517212325g:image

リザードン@リザードンナイトY

性格:ひかえめ

特性:もうか→ひでり

実数値:173(156)-x-115(132)-211(100)-136(4)-135(116)

技構成:オーバーヒート ニトロチャージ ソーラービーム めざめるパワーこおり

 

 B:ミミッキュの「Zシャドークロー」+「かげうち」確定耐え

陽気ガブリアスの「がんせきふうじ」確定耐え

S:1↑で130族抜き抜き

 

主軸となるメガ枠。耐久に振ることで対面性能が飛躍的に向上し安定感が増した。

技構成は最大火力で負担をかけられる「オーバーヒート」、抜き性能を高められる「ニトロチャージ」、ガブリアスメガボーマンダへの打点となる「めざめるパワーこおり」、カバルドンが苦手とするカプ・レヒレアシレーヌ等、水タイプの遂行技となる「ソーラービーム」を採用した。

使っていて強いポケモンではあったが「ステルスロック」の負担が非常に辛く、撒かれてしまうとサイクル負けしやすいため「ステルスロック」を絡めてくる構築に切り返すのが困難なところが、このポケモンの難しいところだと感じた。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211054j:image

カバルドン@ゴツゴツメット

性格:わんぱく

特性:すなおこし

実数値:215(252)-132-187(252)-×-92-68(4)

技構成:じしん こおりのキバ あくび なまける

 

物理受け枠。強いポケモンだがS3はメタが激しく比較的有利なポケモンでも奇襲をかけられる場面が多く感じた。(剣舞Zランドロスなど)

技構成は「みがわり」を搭載した竜舞メガボーマンダを強く意識した構成にしている。

 

 

f:id:shinya3611:20170517212247g:image

ゲッコウガ@こだわりスカーフ

性格:やんちゃ

特性:へんげんじざい

実数値:147-161(252)-87-124(4)-81-174(252)

技構成:れいとうビーム ダストシュート いわなだれ とんぼがえり

 

スカーフ枠。 1舞したウルガモスリザードン、スカーフガブリアス、カプ・コケコ等を意識して「こだわりスカーフ」で採用した。想像以上に使いやすいポケモンであると感じた。

カプ・コケコ対面は相手もスカーフ持ちであると返り討ちにされるが、シュカのみやデンキZ等が多数を占めていると感じ、全て突っ張るようにしていた。

技構成はランドロスガブリアスメガボーマンダへの打点となる「れいとうビーム」、カプ・テテフカプ・レヒレ等のフェアリータイプの打点となる「ダストシュート」、ウルガモスリザードン等に刺さり、スカーフとも相性の良い「いわなだれ」、有利対面で対面操作が出来て且つ、ミミッキュの「ばけのかわ」を剥がしつつ後続に繋げることが可能な「とんぼがえり」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211116p:image

霊獣ボルトロス@カクトウZ

性格:おくびょう

特性:ちくでん

実数値:155(4)-×-90-197(252)-100-168(252)

技構成:10万ボルト めざめるパワーこおり きあいだま わるだくみ

 

受けループやサイクル構築の崩しとなる駒として採用した。持ち物は「きあいだま」の命中率を補えて火力補強も出来る「カクトウZ」としている。選出率こそ低いが、受け回しの構築に対して幅広く活躍してくれた。

技構成はメインウエポンとなる「10万ボルト」、対グライオンメガボーマンダガブリアス等の打点となる「めざめるパワーこおり」、ラッキーやバンギラス等に刺さる「きあいだま」、有利対面で積み技として使用出来る「わるだくみ」を採用した。

「めざめるパワーこおり」は「サイコキネシス」と入れ替えながら使用していたが、グライオンが増加傾向にあったため最終的にはこの構成で正解だったと思う。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211128j:image

メガガルーラ@ガルーラナイト

性格:いじっぱり

特性:きもったま→おやこあい

実数値:181(4)-194(252)-121(4)-×-122(12)-150(236)

技構成:ねこだまし すてみタックル じしん れいとうパンチ

 

メガリザードンYが苦手とするヒードラン等に強く出れるメガ枠として採用。性格は素早さより火力を優先したかったため「いじっぱり」とし、ポリゴン2と対面するケースを想定してB<Dとしている。

技構成はメインウエポンで且つ縛れる範囲を最大限増やすことの出来る「ねこだまし」と「すてみタックル」、対ヒードランギルガルドの打点を重視した「じしん」とガブリアスメガボーマンダ等を切り返せる「れいとうパンチ」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170517211943g:image

ギルガルド@ゴーストZ

性格:ひかえめ

特性:バトルスイッチ

実数値:161(204)-63-171(4)-105(204)-172(12)-91(84)

技構成:シャドーボール かげうち どくどく キングシールド

 

メガリザードンYメガガルーラとの相性も良好で優秀な鋼枠として採用した。持ち物は「たべのこし」と迷ったが、霊獣ボルトロスを選出しない場合のテッカグヤや後続への圧力を考慮し「ゴーストZ」を採用した。

性格を「ひかえめ」にして通常よりSに多く振り切っている。ここまで振ることでミラーで負けることはほぼ無く、アシレーヌや遅いテッカグヤ等に先制でZを撃てる点は非常に優秀だと感じたので個人的にはこの配分で良かったと思っている。

ギルガルドの「ゴーストZ」は型として広く認知されているので、ノーマルタイプ等で透かしていく動きも少なくなかったため、読める場面は積極的に「どくどく」を打っていくように立ち回っていた。

技構成は「ゴーストZ」を最大限活かせる「シャドーボール」、先制技として〆で使える「かげうち」、ポリゴン2メガガルーラ等の遂行技でありメガガルーラの「ねこだまし」との相性も良好な「どくどく」、どくダメージを稼げて、物理攻撃相手に攻撃させるかの択を作れる「キングシールド」を採用した。

 

 

【基本選出】

ゲッコウガメガリザードンYカバルドン

 

これが基本選出。スカーフゲッコウガで場を荒らして、メガリザードンYカバルドンで詰めていく動きを理想としている。

 

【対面選出】

ゲッコウガメガガルーラorメガリザードンYギルガルド

 

カバルドンを選出しない場合のパターン。カプ・テテフカプ・レヒレ等がいる場合はこの選出が多かった。

 

【受けループ】

ギルガルドメガガルーラ+霊獣ボルトロス

 

メガゲンガーが入っている受けループには先に展開されると後手に回るので、メガゲンガーに有利をとれるギルガルドから展開していく。状況判断してギルガルドの霊獣ボルトロスどちらのZを使って場を崩していくかを考える。

 

f:id:shinya3611:20170522191305j:image

(2100乗ったときの画像です。もう少し上げてから撮ろうと思っていたので、この画像しかないです。。申し訳ないです)

 

 

【最後に】

 迷走してしまったシーズンでしたが前期に続いて2100を到達出来たことは素直に嬉しく思います。ただ2200目指す際に溶かしてしまってレートを維持出来なかったのは実力不足であり今後の課題になるかなと思います。

シーズン4はメガストーンが幾つか解禁されるみたいなので環境がどう動いていくか非常に楽しみですね。お互い頑張っていきましょう!

(何か質問等がありましたらブログにコメント頂ければ対応致しますので遠慮なくどうぞ)

【SMシーズン2 使用構築】攻撃的積みサイクル 〜すべてをなぎはらえ〜【最高・最終2139 (42位)】

お久しぶりです、シンヤです。シーズン2お疲れ様でした。

 

【結果】

TN みぃ♪ 最高・最終2139  42位

TN Leafa♪ 最高2098 最終1900か1800ちょい

 

【使用構築】

f:id:shinya3611:20170322015309p:image

 

【コンセプト】

エアームドステルスロックを撒き、後続の積みポケモンを通す。

 

【個別詳細】

 

f:id:shinya3611:20170322051111p:image

性格:いじっぱり

特性:いかく→スカイスキン

持ち物:ボーマンダナイト 

実数値(努力値):199(228)-183(12)-151(4)-×-114(28)-170(236)

技構成:すてみタックル じしん りゅうのまい はねやすめ

 

B:-1意地リザードンXの「げきりん」耐え

D:臆病リザードンYの「めざめるパワーこおり」耐え

S:最速ガブリアス抜き

 

構築唯一のメガ枠。主にメガガルーラ入りやメガルカリオ入りに対して選出していた。抜き性能はスキン補正の低下により多少劣ったものの、元のスペックが非常に高いため選出して腐る場面は殆どなかった。

技構成は耐久に多く割いてるため火力重視の「すてみタックル」とカプ・コケコやギルガルドジバコイル等の鋼タイプの打点として「じしん」を採用。残り2枠は抜き性能を高められる「りゅうのまい」とHP管理するのに重宝する「はねやすめ」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170322051119p:image

性格:おくびょう

特性:むしのしらせ

持ち物:ムシZ

実数値(努力値):161(4)-×-89(28)-183(220)-126(4)-167(252)

技構成:かえんほうしゃ むしのさざめき みがわり ちょうのまい

 

B:陽気ガブリアスの「げきりん」耐え

 

メガボーマンダの苦手とするテッカグヤや終盤に増えていたメガゲンガーにも強い駒。最速にすることでスカーフ持ちの臆病カプ・テテフにも不利をとらないため、この選択は正解だった。耐久調整を施しているが活きた場面があまりなかったので普通にCSで良かった。

性能自体は申し分ないが「ステルスロック」やミミッキュの存在により多少動きづらいと感じる部分があった。

技構成はメインウエポンとなる「かえんほうしゃ」「むしのさざめき」は確定。「かえんほうしゃ」の枠は「ほのおのまい」でも良かったかもしれない。残りは状態異常技を防いだり、特性「むしのしらせ」を確実に発動させるための「みがわり」と抜き性能を高められる「ちょうのまい」を採用。

「みがわり」があることでスカーフガブリアスの後出しも対応出来るので非常に強力だった。

 

 

f:id:shinya3611:20170322051128j:image

性格:ようき

特性:がんじょう

持ち物:レッドカード

実数値(努力値):169(228)-103(24)-161(4)-×-91(4)-134(252)

技構成:ブレイブバード ちょうはつ ステルスロック ほえる

 

A:「ブレイブバード」で無振りバシャーモ確1

 

起点作成要因。「ステルスロック」を撒き余裕があれば「ブレイブバード」で削りを入れたり「ほえる」で場を荒らしたり手持ちを確認してゲームメイクするのが主な役割。「ちょうはつ」 はカバルドンナットレイなど補助技を絡めてくるポケモンに対する遂行技。

 

 

f:id:shinya3611:20170322051138g:image

性格:ようき

特性:ばけのかわ

持ち物:こうかくレンズ

実数値(努力値):131(4)-142(252)-100-×-125-162(252)

技構成:じゃれつく かげうち のろい おにび

 

起点作成要因その2。ステルスロックが、そこまで必要としないPT等に出していく。「おにび」を多用するため持ち物は命中不安を補える「こうかくレンズ」とした。

最速の理由は多くの相手に上から補助技を撃ちたいため。

技構成はメインウエポンの「じゃれつく」と先制技として重宝する「かげうち」、メガガルーラメガメタグロス等を機能停止させられる「おにび」と、削りを入れられ且つ後続の起点がしやすくなる「のろい」を採用。

  

 

f:id:shinya3611:20170322051147g:image

性格:ようき

特性:ビーストブースト

持ち物:アクZ

実数値(努力値):149(116)-211(76)-152-(4)-×-63(108)-170(204)

技構成:リーフブレード つじぎり せいなるつるぎ つるぎのまい

 

A:+2「アクZ」でクレセリア確1

      +1「せいなるつるぎ」で無振りメガガルーラ確1

D:クレセリアの「れいとうビーム」2発+「ゴツゴツメット」耐え

      控えめカプ・テテフのフィールド補正込み「サイコキネシス」耐え

S:最速ガブリアス抜き

 

主にリザードン+カバルドン系統やガルーラ+クレセリアのような構築によく選出していた。

アクZを持たせることでクレセリアは勿論、リザードンや霊獣ボルトロス等も「ステルスロック」を絡めることで処理することが可能となる。

このポケモンの強いところは「つるぎのまい」を積まなくても特性の「ビーストブースト」により1体倒せばA↑するため攻撃しながら能動的に能力を上げられる点が使っていて強いなと感じた。

技構成はカプ・レヒレカバルドンへの打点となる「リーフブレード」と、クレセリアリザードンX・Y、霊獣ボルトロスギルガルド等の遂行技として「つじぎり」、メガガルーラや鋼タイプの打点(ヒードランナットレイなど)となる「せいなるつるぎ」、抜き性能を高められ且つクレセリアナットレイ対面で舞うことで縛ることが可能となる「つるぎのまい」を採用した。

 

 

f:id:shinya3611:20170322053933g:image

性格:いじっぱり

特性:くいしんぼう

持ち物:フィラのみ

実数値(努力値):254(148)-145(12)-117(252)-×-142(92)-51(4)

技構成:おんがえし ほのおのパンチ のろい リサイクル

 

こちらの調整を拝借した→http://p-q-poke.hatenablog.com/entry/2017/01/06/130647

 

この構築の軸となるポケモン。8割以上選出してた気がする。詰み性能が非常に高く対策してない構築には、このポケモンだけで3タテすることも数多くあった。搦め手に弱いため扱うときは慎重に立ち回ることを心がけた。

終盤辺りは対策が進んできて「どくどく」や「はたきおとす」等を所持しているポケモンも多々あり動きづらかったのが若干辛かった。

技構成はメインウエポンとなる「おんがえし」、テッカグヤナットレイハッサム等の打点となる「ほのおのパンチ」、詰み性能を高められる「のろい」、きのみを使い回せる「リサイクル」で確定。

 

 

【基本選出】

エアームドorミミッキュ+カビゴン+@1

 7割くらいは、この選出。@1は構築によって柔軟に対応していく。

 

【最後に】

SM初の2100で嬉しさもあるが自信のあった構築であっただけに2200行けなかったのは、まだまだ力不足だなと実感しました。シーズン3こそ頑張って2200達成したいです。

 

【Special Thanks】

・さいくさん   構築相談等を親身になって相談してくださって本当感謝しかないです。ありがとうございました!

・その他通話でお世話になった方々

・シーズン2の対戦で当たった方々

 f:id:shinya3611:20170322230507j:image